カゴヤのVPSにCentOS 8をインストールしてみた

2019年9月24日、RHEL(Red Hat Enterprise Linux)のクローンCentOS 8が正式リリースされたので、さっそく、CentOSの公式サイトからCentOS 8のISOイメージをダウンロードし、これをカゴヤのVPS(カゴヤ・クラウド/VPS)にインストールしてみた。

カゴヤのVPSにISOイメージをセット

先ずは、カゴヤのVPSに自分のアカウントを作成(アカウント作成自体は無料)して、これにログインする。

ログインしたら、トップメニューからイメージ→ISOイメージを選択。カゴヤのVPSは、KVMとOpenVZの2つのLinux仮想化技術を提供しているがこの記事では、KVMを選択したものとして話を進めている。

ここで、先ほどダウンロードしたCentOS 8のISOイメージをアップロードする。

アップロードが完了したら、ISOイメージ一覧に、アップロードしたCentOS 8のISOイメージが表示される。ここで、ページの右端にある、インスタンス作成ボタンをクリックする。

インスタンス作成画面では、先ず、サーバーのスペックを決める。

カゴヤのVPSでは、サーバーリソースを自由に変更できるので、お試しなら、先ずは最安プランの日額(支払いは月払い)24円でも問題ないかもしれない。1週間のお試しで168円の計算となる。インスタンスの削除を行えば、削除日の翌日から料金は発生しない。

スペックが決まったら、インスタンス名を決め、コンソールログインパスワードを入力する。ここではインスタンス名はHOGE_20191002としたが、名前は後から変更可能。
入力が終わったら、ページの最下段まで行き、インスタンス作成ボタンをクリックする。

これで、インスタンスが作成できた。インスタンス一覧にインスタンス名HOGE_20191002が表示されるので、これをクリックする。

上記画面の①〜④までの情報が、CentOS 8のネットワーク設定で必要となるのでメモしておく。

メモが終わったら、コンソールの起動ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウにカゴヤのコンソールが現れるのを確認する。

CentOS 8のインストール

コンソールに、下記のような画面が表示されていたら、Install CentOS Linux 8.0.1905を選択し、エンターキーを押す。

最初の画面でインストール時に使用する言語を選択する。ここでは日本語を選択(もちろん他の言語でもよい)して、続行ボタンをクリック。

インストール概要画面が現れるので、ここから、「時間と日付」、「ソフトウエアの選択」、「インストール先」、「ネットワークとホスト名」の4項目の設定行う。

先ずは、時間と日付を設定。地域と都市を選択し、完了ボタンを押す。

続いて、ソフトウエアの選択。必要なものは後から追加する予定なので、ここでは、最小限のインストールを選択し、完了ボタンをクリックする。。

次は、インストール先の選択。デフォルト設定でよければ、ローカルの標準ディスクにチェックマークが付いていることだけを確認して、そのまま完了ボタンをクリック。
自分でストレージ設定を行いたい場合は、カスタムを選択し、完了ボタンを押すと設定画面が表示される。

最後に、ネットワークとホスト名の設定。Eathernetをオンにした後、設定ボタンをクリックすると、ネットワーク編集画面がポップアップする。
IPv4設定をクリックし、プルダウンメニューから手動を選択。先ほどメモした①〜④の情報を、それぞれが対応する番号の場所に入力する。入力が完了したら設定を保存し、完了ボタンを押す。

インストール概要画面に戻ったら、インストールの開始ボタンがクリック。ここからインストールが始まる。インストール中に、rootパスワードの設定とユーザーアカウントの設定を行っておく。

なお、ユーザーの作成時に、「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れておけば、ここで登録したユーザーがsudoコマンドを使って作業ができるようになる。

後は、インストールが完了するのを待つだけ。

インストール後の設定は、「CentOS 8をインストールしたら最初にすべきこと」にて説明する予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク