Manjaro Linuxでパッケージ更新中にエラーが発生したときの対処法

Arch LinuxベースのManjaro Linux KDEを久しぶりに立ち上げて、パッケージを更新しようとしたら、パッケージマネージャ(Pamac)に、こんなメッセージが表示された。

端末からpacmanコマンドでアップデートを試みても、結果はほぼ同じ。「エラーが発生したため、パッケージは更新されませんでした」となる。

実はこれ、パッケージの更新を怠っているときに遭遇するエラーのひとつ。

Arch Linuxのリポジトリでは、なりすましや改ざん防止(要するにパッケージが本物であるかの確認)のために、GnuPGP鍵による、デジタル署名が行われている。このエラー、

このエラーは、ユーザー側が保有するPGPの公開鍵が古くなったときに起こるので、次のコマンドでPGP鍵を最新のものにアップデートすれば、ほとんどの場合、問題は解決する。

$ sudo pacman-key --refresh-keys

続いて、次のコマンドで、キャッシュに残っている古い公開鍵を削除。

$ sudo pacman -Sc

最後に、pacmanコマンドで再度アップデートに挑戦。

$ sudo pacman -Syu

上記の対処法で問題が解決できなかった場合も、ArchWikiのpacman-keyの項などを参照すれば解決策が見つかるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク