EmacsでMozcを使うための設定

最近では、Emacsをプログラミングで使うことはほとんどなくなったが、それでも、大量の文書を入力する必要に迫られたときなど、今でもときどきEmacsを使いたくなる(YaTex使っていた関係)ことがある。

ということで、Ubuntu 13.04上のEmacsにMozcをセットアップする方法を手短にまとめてみた。

Emacs01

先ずは、Emacs本体をインストールする。

$ sudo apt-get install emacs

続いて、nnで「ん」が入力できるようする設定。

(setq quail-japanese-use-double-n t)

インプットメソッドをMozcに変更

Emacsでは、Controlキー + \ で日本語のインライン入力に切り替わる。デフォルトの日本語インプットメソッドはAnthyなので、これをMozcに変更する。

$ sudo apt-get install emacs-mozc emacs-mozc-bin

上記のコマンドで、mozc.el等がインストールされるので、これらをセットアップするため、次の記述を~/.emacs.elに追加。

(require 'mozc)
(set-language-environment "Japanese")
(prefer-coding-system 'utf-8)
(setq default-input-method "japanese-mozc")

ここで、いったん.emacs.elを保存してEmacsを終了する。再起動後は、Controlキー + \ とすると、Mozcが動作するようになる。

EmacsMozc01

さらに、.emacs.elに次の記述をすることで、Mozcの変換候補をMini Bufferに表示させることも可能。

(setq mozc-candidate-style 'echo-area)

EmacsMozc02

【追 記】20190916
GNU Emacs 25.2.2バージョンでは、~/.emacs.el内で、(prefer-coding-system ‘utf-8)を記述する位置が(set-language-environment “Japanese”)の下でなければ、Dirで文字化けが起こるようです。失礼しました。記事を修正しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク