ファイルナルデータとKnoppix

昨夜、古いノートパソコンのWindowsXPの調子がおかしくなって、大事なフォルダが消失してしまいました。以前ハードディスクがクラッシュしたときに購入したファイナルデータがあったので、さっそくフォルダの復活作業を開始。ところが、途中で止まってしまいます。どうやら、Windowsのシステムそのものを再インストールしないといけないくらいに壊れてしまっているようです。

でも、Windowsを再インストールしてしまうと、消失したフォルダの救出は絶望的。というわけで、今日は一日気持ちが重たかったのですが、先ほど、ファイナルデータのCDから起動して作業する方法が残っていることに気づきました。さっそく、試してみると見事失われたフォルダが復活しました。

ファイルナルデータにも感謝していますが、このソフトを縁の下で支えたKnoppixにも感謝感激です。CDから起動したときのファイルナルデータは、Knoppix上で働く仕組みになっていました。こんなところにもLinuxが使われるようになっていたことに改めて驚きです。