カスペルスキーが2017年度のAV-TEST年間ランキングで完全勝利

昨年までは4月と10月にスコア発表が行われていたAT-TESTだったが、2017年度は、6月も加わり、年3回となった。そこで、今年は、昨年のランキングとは逆に、スコアだけで年間ランキングを作ってみた。

2017年度セキュリティソフト年間ランキング(AV-TEST/Windows 10部門)

    1. カスペルスキー セキュリティ
    2. Avira Antivirus Pro 15.0
    3. ノートン セキュリティ
    4. スーパーセキュリティZERO (Bitdefender)
    5. ウイルスバスタークラウド
    6. AhnLab V3 Internet Security 9.0
    7. McAfee Internet Security 20.2
    8. MicroWorld eScan Internet Security Suite 14.0  

AV-TESTでは、Protection(防護力)、Performance(軽さ)、Usability(使いやすさ)の3部門、それぞれ6点満点で評価される。

上記のランキングは、4月/6月/10月で1回でもTop Product(ベスト5)に選ばれたものをピックアップして、それを3回の総合スコア(18点満点)の平均で並び替えたものだ。

3回すべてで満点を取得したのは、カスペルスキーのみということで、今年はカスペルスキーの完全勝利となった。

なお、今年7月には、フリー版のカスペルスキー(日本語対応は2018年10月頃とのこと)も登場した。

有償版にあってフリー版にない機能は次の4つ。

  • ネット決済保護
  • ファイアウォール機能
  • ペアレンタルコントロール
  • VPN接続

しかも、フリー版では当たり前の広告表示もないという。これまで以上に手軽にカスペルスキーを試すことができるようになったのだから、これを利用しない手はないだろう。

カスペルスキーのロシア疑惑について

ただし、今年は、米国でカスペルスキーが ロシア政府とつながっているのではという疑惑が持ち上がっている。

もちろん、カスペルスキー側はこの疑惑を全面否定している。

ロシアといえば、スノーデンの亡命先ということもあり、米国政府が必要以上に神経質を尖らせていると考えられるし、トランプ大統領のロシア疑惑を巡って政治的な駆け引きが行われている可能性もあるだろう。

個人的には、国家機密に関わるような重要な情報が自分のパソコンに入っているという人以外は、あまり神経質になる必要はないと思うが、それでも、カスペルスキーのロシア疑惑が気になるという人は、素直に別のセキュリティソフトを選べばよいと思う。

年間ランキングの1位から5位までの製品の平均スコアの差は、0.5ポイント以内に収まっており、Protection(防護力)に関しては、2位から5位の4製品も年間通じて満点のスコアを取得している。

それでもなお、心配だという人には、思い切って、WindowsからLinuxの世界に移行することをお勧めしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク