Linux Mintのログインシェルをzshに変更してみた

ログインシェルへのこだわりはあまりなかったのだが、Manjaro LinuのOpenboxエディションでzshに触れたことをきっかけに、その強力な補完機能に魅せられ、ついに、Linux Mintのログインシェルを変更してみた。

zshのインストールとchshコマンドの実効

先ずは、zshをインストールする。

$ sudo apt install zsh

続いて、whichコマンドなどを実効して、インストールされたzshのパスを確認しておく。

$ which zsh

次のようにchshコマンドを実効して、ユーザーhogeのログインシェルを変更する。

$ chsh hoge

パスワードが要求された後、変更したいログインシェルを入力するように促されるので、先程whichコマンドで確認したzshのフルパスを入力する。今回の場合だと、/usr/bin/zsh。

初期設定とプロンプトの変更

chshコマンドによるログインシェルの変更が完了したら、ここで一旦ログアウト。再度ログインして、ターミナルを立ち上げると、次のような画面が現れる。

(q) は何もせずに終了。次回立ち上げたときに同じ画面が現れる。
(0) はコメントのみ(要するに白紙)の.zshrcをホームディレクトリに作成して終了。次回立ち上げたときにこの画面は現れない。
(1) を選択すると、初期設定のために次の画面に移動する。
(2) を選択すると、お勧めの初期設定を記述した.zshrcをホームディレクトリに作成してくれる。

これからzshを始める人は、取り敢えず(2)を選択。

デフォルトのプロンプトもなかなかおしゃれだが、次のコマンドでプロンプトのテーマのプレビュー一覧を表示できる。

$ prompt -p

例えば、fadeというテーマのプロンプトが気に入ったら、次のコマンドでプロンプトのテーマをfadeに変更できる。fadeテーマでは、色の指定もできるので、今回は青色(デフォルトは緑色)を指定してみる。

$ prompt fade blue

最後に、気に入ったテーマ名をホームディレクトリの.zshrcに書き込む。

# Set up the prompt

autoload -Uz promptinit
promptinit
prompt adam1


.zshrcの先頭から5行目辺りにあるpromptにあるテーマ名を、気に入ったテーマ名に変更すれば、次回からそのテーマがデフォルトとなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク