Splashtop OSはマイクロソフト反撃の狼煙か?

マイクロソフトはDeviceVM社と共同でSplashtop OSを発表。Gigazineにリポート記事があった。電源投入からわずか5秒で瞬間起動するとういう「Splashtop OS」は、Windowsに取って代わるOSではなくて、Windowsと共存するOSらしい。

これは、WebやメールのチェックのためにPCを立ち上げようとすることの多い、ユーザーにとっては朗報かもしれない。

でも、この謳い文句ってどこかで聞いたことがないだろうか。そう、これはGoogleのChrome OSの謳い文句と同じなのだ。しかも、Splashtop OSはChrome OSと同じくLinuxベースのOSだ。Splashtop OSの場合は検索エンジンは、当然のごとくマイクロソフト製のBingとなっているが、ここをGoogleに変えてしまうと、ますますChrome OSっぽくなる。

実際にはSplashtop OSを触ってみなければ何とも言えないが、それでもどうやらこれは、近々発表されるだろうChrome OSへの対抗策のひとつのようだ。

Ubuntuファンの私にとっては、今年の四月に発表されたGoogle Cloud Printの行く末のほうが気になっているのだが、それでも、これから展開するだろうマイクロソフト対Googleのブラウザ&OS戦争は今後も何かと派手な話題を提供してくれそうだ。