Windows8は失敗という名の成功のもと?

自宅のノートパソコンのOSをWindows7からWindows8にアップグレードしたので、独断と偏見で、Windows8について簡単にまとめてみた。

Windows8は久々の優等生OS

Windows7 Home Premiumの場合、Windows8 ProやWindows8 Enterpriseへアップグレードすることは出来ないので、新規インストールとなる。Windows7やVistaの場合、ほとんどのすべてWindows.old内にデータが保存されるが、万が一に備えて、作業の前にデータのバックアップは取っておくこと。

自分のPCに実際にインストールしてみると、Windows7より明らかに起動時間が短く、アプリケーションの動作も軽やかなことが体感できる。

これまでWindowsのアップグレードは、重くなるというのが常識で、あたかも、新しいPCの買い替えを促しているようにも見えた(実際にそういう戦略だったのだろう)が、今回のWindows8は、安くて軽く、しかもなかなかオシャレだ。

Windows8の最大の特色は、上記のMetroスタイルと従来型のデスクトップとのハイブリットOSになったこと。もちろん、Windows8にアップグレードしても、タッチパネル液晶モニターに買い替えない限り、タッチパネル操作ができるようになるわけではない。

従来型のデスクトップ上では、Windows95以来お馴染みのスタートメニューが廃止となり、プレビューの段階から不満の声が上がっていたが、実際に使ってみると、まったく問題がなかった。

最初は多少戸惑うかもしれないが、ショートカットで、アプリケーションの検索と一覧表示画面に直行する方法に慣れてくると、ほとんど不便な思いをすることはない。

ちなみに、アプリケーション検索画面へのショートカットは、Windowsロゴキー + Q となっている。その他、Windowsロゴキー + C でチャーム バーと時計の表示、Windowsロゴキー + D でデスクトップ環境へ直行など、従来からのショートカットに新しいショートカットが追加されている。

なお、どうしても、スタートメニューが必要だという人は、ユーティリティソフトなどを使えばスタートメニューを復活することもできる。

Windows8は失敗だったのか

というわけで、マイクロソフトのOSを褒めたという経験がほとんどない(Windows2000は渋々認めていたが)私も、Windows8については欠点を探すのが難しい。

価格的にも、期間限定(2013年1月31日まで)キャンペーンを利用すれば、Windows8 Proのパッケージ版が6,090円、ダウンロード版だと3,300円で手に入る。さらに、2012年6月2日~2013年1月31日の期間中にWindows7PCを購入した人は、1200円でWindows8にアップグレードできるのだ。これまた近年まれに見る低価格といってよいだろう。

ところが、これほどの優等生で積極的なキャンペーンが実施されているにも拘わらず、市場での評価は、冷ややかものが目立つ。先日もこんなニュースが飛び込んできた。

【速報】Windows8のシノフスキー社長が突然の退社!売れ行き悪いの?憶測の声【目がテン】

シノフスキー氏の辞任がWindows8の売れ行きに関係しているのかどうかは憶測の域を出ないが、Windows8の売れ行きが今一つなのは事実のようだ。

また、Metroスタイルアプリ(名称はWindowsストアアプリに変更になっている)の数が、想像以上に少ないことも気にかかる。

個人の関心は、すでにスマホやタブレットなどのモバイル情報機器に移っており、この分野では、AppleとGoogleが熾烈な競争を繰り広げている。この市場での遅れを取り戻すため、マイクロソフトはPCでの圧倒的なシェアを活かしたいと思っている筈だ。

そのためには、Windowsストアアプリを充実させることが緊急課題なのは間違いない。つまり、今はWindows8の売上げグラフの数字だけを見て一喜一憂している場合ではなく、どれだけのWindowsストアアプリ開発者をWindows8に呼び込めたかということが重要なのだ。

その意味からいっても、今の段階でWindows8の成否を判断するのは時期尚早だろう。特に、話題のSurfaceの発売も決まっていない日本ではなおさらだ。

ただし、マイクロソフトが長期的な視野に立って物事を進めているのであれば、たとえ今は失敗作と評価されてもWindows8が成功のもとになる可能性は高いと思うのだがいかがだろう。