Ubuntu 13.04にアップグレード(インストールDVD編)

Ubuntu 13.04が出たので、12.10からアップグレードしてみた。毎回、ネットワーク軽油のアップグレードで失敗に終わっているので、今回は、インストールDVDからアップグレードしてみた。

先ずは、Ubuntuの公式サイトからUbuntu 13.04のデスクトップのDVDイメージをダウンロードして、インストールDVDを作成。データや設定ファイルのバックアップを取った後、再起動してインストールDVDからPCを立ち上げると、いつものように、言語の選択からインストールが始まる。

Ubuntu13_04_Inst01

日本語を選択して、「続ける」ボタンをクリックすると、インストールの準備画面に移動。3つの項目すべてに緑のチェックマークがついていれば準備完了。最下段の2つのチェックボックスにも、特別の事情がない限りチェックを入れておく。

Ubuntu13_04_Inst02

次のページに進んで、インストール方法を選択する。
今回は、一番上の「Ubuntu 12.04からUbuntu 13.04にアップグレード」を選択しておく。個人ファイルと公式リポジトリからインストールしたソフトは可能な限り残されることになっている。

Ubuntu13_04_Inst03

後は、タイムゾーンやキーボード、ログインアカウントの設定と続き、インストールが始まる。

Ubuntu13_04_Inst04

インストール直後の印象

前回までは、アップグレード直後に不具合が多発して、結局、新規インストールするハメになるというパターンを繰り替えしていたが、今回は、今のところ致命的な不具合はないようだ。

公式リポジトリから追加したソフトは、自動的にアップグレードされ、ドキュメントや画像だけでなく、MySQLのアカウントも初期化されることなくすべて残っていた。

Ubuntuのテクニカルオーバービューによれば、13.04では、Unity7のパフォーマンスが改善され、メモリ消費の削減も行われいるとのこと。確かに、全体的にきびきび動作するようになったように感じる。

また、アイコンやシャットダウン画面など、マイナーな変更点はいくつかあるが、特に操作に戸惑うようなものはなかった。

Ubuntu13.04_Shutdown

ただし、サポート期間が18ヶ月から9ヶ月に短縮されたので、結果として12.10の方がサポート期間が長くなってしまうという問題には注意が必要かもしれない。個人的には大きな問題ではないと思うが、気になる人は、以下の記事などを参照されるといいだろう。

最後に、これはあまり本質的な問題ではないが、13.04からPython3.3がデフォルトのバージョンとなり、いよいよ今年から本格的なPython3普及期に入るのだなという印象を受けた。公式リポジトリではPython2も引き続きメンテされるものの、Ubuntu側からはPython3への移行を強く推奨している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク