ようこそDebian GNU/Linux 7.0 Xfce時代へ

Debian GNU/Linux 7.0 Wheesyが予定どおり5月5日の子供の日にリリースされた。そこで、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

このノートPCには、Linux Mint Debian Xfceがインストールされていたので、Gpartedを使って、先ずは、Debian GNU/Linux 7.0をインストールするための領域を確保した。

次に、下記のBitTorrentを利用してCD又はDVDのisoイメージをダウンロードする。CDだと合計8枚、DVDだと合計3枚となっているが、インストールに必要なCD/DVDは最初の1枚のみ。

なお、DVDを選択した場合のデフォルトのデスクトップ環境は、GNOME3となる。CDを選択した場合、GNOME3の他、KDEやXfce、LXDEなど、デスクトップ環境毎にインストールCD(2枚目以下は共通)が用意されている。というわけで、debian-7.0.0-i386-xfce-CD-1.iso.torrentを選択して、Xfce用のインストールCDを作成する。

Xfce用のインストールCDができたら、これでPCを起動させる。インストール方法の選択肢が提示されるので、通常は、メニュー1番目のInstall(いわゆるテキストモード)か2番目のGraphical Installを選択。Graphical Installであれば、インストール手順のスクリーンショットが撮れると思ったが、残念ながらレガシーVAIOノートとの相性が悪く、インストールは失敗。

気を取り直して、もう一度CDから立ち上げ直し、メニューの先頭のInstall(いわゆるテキストモード)を選択して再挑戦したところ、問題なくインストールできた。

Debian7Xfce_Inst01

なお、インストールの途中で、ipw220-6ss.fwファームウエアが必要だというメッセージが出たが、これはレガシーVAIOノート内蔵の無線LANアダプタ用のドライバが必要だという意味。GPLライセンスとの問題で、同梱できないバイナリーで提供される非フリーのドライバなどが必要な場合、こうしたメッセージが出る。

Debian公式サイトからfirmware.zipというファイルをダウンロードして、これを解凍。firmwareフォルダ内にあるfirmware-jpw2x00_0.36+wheezy.1_all.debが目的のファイルなので、これをUSBなどにコピーして、PCに挿し込み、先に進む。ライセンス条項に同意すれば目的のドライバがインストールされる。

ここで無線LANの設定もいっしょに行おうとして失敗したが、ドライバーさえ正しくインストールされていれば、設定はインストール後でも構わない。

HDDとメモリの消費量

インストール直後の状態で、システムのHDD消費量は、約4.1GBということで、かなりコンパクトにまとめられている。当然、デフォルトでインストールされているアプリケーションも少なめだが、Synpaticパッケージマネージャはあるので、誰でも簡単に自分好みのアプリケーションを追加できる。

さっそくシステムモニター(パッケージ名はgnome-system-monitor)を追加して、いつものようにログイン直後のメモリ消費量を計測したところ、2GB中95.6MB(4.7%)という数字だった。

Debian7Xfce_SystemMonitor

同じ条件下でのLinux Mint Debian Xfceのメモリー消費量が、2GB中146.8MB(7.3%)なので、Debian GNU/Linux 7.0 Xfceの数字は、想像以上に衝撃的なものだった。さらに、実際に使ってみると、体感的にもDebian GNU/Linux 7.0の軽さが実感できた。

Linux Mint Debian XfceからDebian GNU/Linux 7.0 Xfceの時代へ

ところで、メモリー消費量の比較で利用したLinux Mint Debian Xfceのバージョンは、LMDE 201204で、厳密な意味では最新版ではない。

Linux Mint Debianは、セミローリングリリースという方式を採用していて、基本的にはDebianと同じローリングリリースではあるが、半年から1年毎にディスクが提供されるようになっている。現時点での最新版は先月リリースされたLMDE 201303だ。

残念ながら、最新版のLMDE 201303には、Xfce版はなく、Cinnamon版とMATE版のみの提供となっている。このため、今回使用したレガシーVAIOノートのような低スペックPCは、実質的に切り捨てられることになる。

もちろん、Linux Mint Debianは、Debian Testingをベースにしているので、安定版のDebian 7.0がリリースされた以上、Test版は、次期バージョンのDebian8.0を想定した開発に向かうのは当然だろう。CinnamonやMATEが使えないPCが切り捨てられて行くというのは、ある意味仕方のないことなのかもしれない。

そう考えると、同じような状況にあるレガシーPCにとって、Debian GNU/Linux 7.0とXfceの組み合わせは救世主的な存在だ。

とにかく、操作性とスピード、軽さを兼ね備えたDebian GNU/Linux 7.0 Xfceの時代がやってきたということは間違いないだろう。