ようこそDebian GNU/Linux 7.0 Xfce時代へ

Debian GNU/Linux 7.0 Wheesyが予定どおり5月5日の子供の日にリリースされた。そこで、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

このノートPCには、Linux Mint Debian Xfceがインストールされていたので、Gpartedを使って、先ずは、Debian GNU/Linux 7.0をインストールするための領域を確保した。

次に、下記のBitTorrentを利用してCD又はDVDのisoイメージをダウンロードする。CDだと合計8枚、DVDだと合計3枚となっているが、インストールに必要なCD/DVDは最初の1枚のみ。

なお、DVDを選択した場合のデフォルトのデスクトップ環境は、GNOME3となる。CDを選択した場合、GNOME3の他、KDEやXfce、LXDEなど、デスクトップ環境毎にインストールCD(2枚目以下は共通)が用意されている。というわけで、debian-7.0.0-i386-xfce-CD-1.iso.torrentを選択して、Xfce用のインストールCDを作成する。

Xfce用のインストールCDができたら、これでPCを起動させる。インストール方法の選択肢が提示されるので、通常は、メニュー1番目のInstall(いわゆるテキストモード)か2番目のGraphical Installを選択。Graphical Installであれば、インストール手順のスクリーンショットが撮れると思ったが、残念ながらレガシーVAIOノートとの相性が悪く、インストールは失敗。

気を取り直して、もう一度CDから立ち上げ直し、メニューの先頭のInstall(いわゆるテキストモード)を選択して再挑戦したところ、問題なくインストールできた。

Debian7Xfce_Inst01
Continue Reading…

Linux Mint Debian Edition Xfce版でVAIOノートを再復活

今年の4月、「完成度を上げたLinux Mint Debian Edition 201204」というブログ記事を書いたときに使ったレガシーVAIOノートを半年ぶんりに立ち上げたところ、アップグレードしますかというメッセージが表示された。

素直にOKボタンを押してアップグレードを完了させたのだが、再起動後、何度やっても、ログイン画面が現れない。どうやら、Cinnamon/MATEデスクトップのシステム要件が厳しくなって、このVAIOノートのグラフィック性能ではX Window Systemを起動できないらしい。

まあ、半年以上放置していたのだから、実質的には現役引退しているも同然だが、せっかくLinux Mint Debian Editionで復活してここまで来たのだから、せめてあと3年(購入から10年目)ということで、Linux Mint Debian Edition Xfce版を試してみることにした。

Linux Mint Debian Edition Xfce版のインストール

先ずはLinux Mint公式サイトから32bit版のisoイメージをダウンロードする。これをDVDに焼き付け、このDVDでPCを立ち上げる。

通常はしばらく待っているだけで、自動的にLinux Mintのデスクトップ画面が現れる筈だが、途中で、ログイン画面が現れる。この場合は、Username欄にmintと入力、Password欄は空白のままにすれば、ログインできる。無事にログインできたら、デスクトップ画面上にあるインストールアイコンをダブルクリック。

LMDEXfceInst00
Continue Reading…

Debian/Ubuntuサーバーでバーチャルホストを設定する

DebianやUbuntuにApache2をインストールしたとき、デフォルトの状態では、ドキュメントルートは、/var/wwwとなる。例えば、/var/www下にtestフォルダを作った場合、ローカル環境では、ブラウザからhttp://localhost/test又はhttp://127.0.0.1/testとすれば、このフォルダ内のファイルにアクセスできる。

この設定は、さくらのVPSなどで、ファイルをインターネット上に公開する場合も基本的には同じだが、セキュリティ面や利便性を考慮して、別のフォルダを公開フォルダとすることもできる。

例えば、公開フォルダを/home/hoge/webとする場合の設定手順は次のとおり。
Continue Reading…

DebianサーバーでsudoとOpenSSHを設定する

さくらのVPSを借りて、カスタムOSインストールでDebian 6.0を選択した場合、先ず最初にすべきことは、sudoとOpenSSH(Open Secure Shell)のインストールと設定だろう。

sudoのインストールと設定

Debianのインストールが完了後、さくらのVPSのリモートコンソール上からsuコマンドでスーパーユーザーとなり、sudoパッケージをインストールしよう。

# aptitude install sudo

この記事内では、パッケージのインストールや削除にaptitudeコマンドを使用している。aptitudeの代わりにapt-getコマンドを使っても良いが、どちらかに統一して使用した方がよい。aptitudeコマンドは、基本的な機能はapt-getコマンドとほとんど同じだが、removeの際に依存するライブラリが他のパッケージが依存していない場合は、いっしょに削除してくれるというメリットがある。

次に、スーパーユーザーのままで、visudoコマンドを実行。このコマンドは、sudoの設定ファイルである/etc/sudoersをデフォルトのエディタで編集するためのコマンド。普通にテキストエディタで編集するときと違い、終了時に構文上の間違いを指摘してくれる。

Debian 6.0のデフォルトエディタは、nanoを使用。

/etc/sudoersファイルの下から3行目あたりに、%sudo ALL=(ALL) ALLという一行があることを確認したら何もせずにnanoを終了。グループsudoにすべての実行権限が付与されていることが分かったので、ユーザーhoge(Debianインストール時に設定したユーザー名)をsudoグループに追加する。
Continue Reading…

完成度を上げたLinux Mint Debian Edition 201204

4月5日にUpdate Pack 4が発表されて以来、何度もアップデートを試みたが、サーバーにアクセスが集中しているようで、ダウンロードの時間が以上に長く、途中で何度かタイムアウトする。

これはある意味、最近のLinux Mintの人気を裏付けているようにも思えるが、クリーンインストールで問題ない人は、iosイメージをダウンロードしてインストールした方がよいかもしれない。

MATEがデフォルトになったLinux Mint Debian Edition

さっそく、Linux Mint本家から自分の環境に適合するisoイメージをダウンロードして、DVDに焼き付け、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

今回のリリースの目玉は、デスクトップ環境がMATEとCinnamon版(Xfce版は従来どおり)になったという点だ。デフォルトデスクトップは、MATEとなっている。

LinuxMintDebianMATE

ログイン時に「その他」を選択してCinnamonを選べば次のとおり。

LinuxMintDebianCinnamon

MATEもCinnamonは、先にリリースされたLinux Mint 12上でお試ししているので、大きなインパクトはないものの、その完成度は高い。

ちなみに、日本語インプットメソッドのiBusのマーク表示にあった小さなバクもLinux Mint Debian Editionではフィックスされている。
Continue Reading…

XfceやLXDEより軽いLinux Mint Debian Edition

以前書いた記事のなかで、Linux MInt 11とUbuntu11.04のメモリ消費量比較を行っているが、そのときの数値は、2GBメモリ中257.7MB(12.9%)だった。 では、Ubuntu11.10にアップグレード後はどうなっているのかということで、改めて計測してみたら、2GBメモリ中426.0MB(21.2%)という数字になった。UbuntuのUnityシェルがどんどんユーザーフレンドリーになって行く半面、メモリー消費量もどんどん増えていくという、ある意味当然の結果となった。 SystemMonitor_Ubuntu

Update Pack 3を施したLinux Mint Debian Editionの場合

前述の記事中にはLinux Mint Debian Edition(略称LMDE)についての数字も残っていた。同量のメモリーを搭載した別PCでの計測ではあったが、2GB中156.7MB使用という数字が残っている。 そこで、Update Pack 3を施した後の最新のLinux Mint Debian Editionについて、システムモニターで調べてみたら、次のような結果が出た。 Continue Reading…

Linux Mint Debian 201109をクリーンインストール

Linux Mint Debian Edition 201109 GNOME32bit版のクリーンインストールに挑戦。インストール手順と日本語環境の構築は、以前書いた記事「Ubuntu11.04からLinux Mint Debian Editionへ」のとおり。



LMDE 201012に比べるインストーラーが改善されていて、起動時間等が短くなっている。ただし、日本語インプットメソッドについては、ibus + Anthyの組み合わせだと端末(gonme-terminal)で不具合が起こる。日本語も半角ローマ字も入力がおかしくなる。

組み合わせをSCIM + Anthyに変更しても、状況は変わらないが、端末を起動した直後にSCIMをオフにすれば、何とか半角ローマ字だけは入力できるようになった。ただ、これではあまりにも不便だと思ったので、最後に、UIM + Anthyの組み合わせを試してみたら、こちらはうまく行った。

Continue Reading…

Ubuntu 11.04からLinux Mint Debian Editionへ

昨夜、自宅のノートPCのUbuntuを11.04にアップロードした。今回のバージョンアップの目玉のひとつは、デスクトップ環境のUnityだが、ビデオチップの性能によってはインストールできないらしいという話だったので、自宅のノートPCでは無理かなと思いつつ、ダメモトでトライしてみた。

このPCは、途中ハードディスク交換やメモリ増設をしながら、今年で6年目に突入したという年代物のVAIOで、スペックは次のとおり。


CPU:Celeron M 360 @ 1.40GHz
メモリ:2GB
HDD:120GB
ビデオチップ:Intel 915GM Express
ビデオメモリ:128MB(メモリ共用)
Continue Reading…