Windows10上のVirtualBoxにCentOS 7をインストールしてみた

VirtualBoxにCentOS 7をインストールしてみた。

VirtualBoxのセットアップ

Windows10にVirtualBoxがインストールされているものとして話を進める。インストール方法や初期設定については過去記事などを参照。

先ずは、VirtualBoxマネージャーを起動して、新規ボタンをクリック。

CentOS7onVirtualBox17

名前を入力(例えばcentos7_vdiなど)して、割り当てるメモリーサイズを決定。CentOS 7は最低でも512MBとなっているが、Oracleソフトウエアをインストールするためには、1GB以上が必要。

CentOS7onVirtualBox01
CentOS7onVirtualBox02

ラジオボタン「仮想ハードディスクを作成」(デフォルト)が選択されていることを確認して作成ボタンをクリックすると、「仮想ハードディスクの作成」画面が表示される。ここで、ファイルサイズを決定。ファイル形式は、デフォルトのVDI形式(Vagrantでは、VMDK形式が使用されているので、仮想ハードディスクのサイズの変更はできない)、可変サイズになっていることを確認して、作成ボタンをクリックする。

CentOS7onVirtualBox03

最後に、VirtualBoxマネージャーの設定ボタンをクリックして、ストレージをクリック後、CD/DVDドライブアイコンを選択。ここで、OKボタンをクリックすれば、CentOS 7をインストールするための仮想環境の準備完了。

CentOS 7のインストール

ここで、DVDドライブにCentOS 7のインストールDVDを挿入して、VirtualBoxマネージャーを起動。なお、CentOS 7のインストールDVDは、予め公式サイトからISOイメージをダウンロードして作成しておく。

CentOS7onVirtualBox16

先ほど作った仮想環境名(centos7_vdi)を選択し、起動ボタンをクリックする。

CentOS7onVirtualBox15

起動ハードディスクとしてDVDドライブを選択して起動ボタンをクリック。

CentOS7onVirtualBox04

Install CentOS 7を選択して、エンターキーを押せば、インストールが始まる。

CentOS7onVirtualBox07
CentOS7onVirtualBox08


言語を選択して、続行ボタンを押すと、インストール概要に進む。

CentOS7onVirtualBox09
CentOS7onVirtualBox10


ここでポイントになるのは、インストール先の選択とネットワークとホスト名の設定。デフォルトではイーサーネットはオフになっているので、これをオンにして、左上の完了ボタンを押す。

CentOS7onVirtualBox11
CentOS7onVirtualBox12


最後にソフトウエアの選択(ここではGNOMEデスクトップを選択)をして、完了ボタンを押せばインストールが始まる。あとは、インストールが完了するまでに、rootのパスワード設定とユーザーの作成を行っておけばよい。