Linuxでddコマンド使ってisoイメージをUSBメモリに書き込んでみた

最近は、Linuxディストロのお試しには、Virtualboxを利用することが多くなったが、それでも、体感速度など、実際にインストールしてみなければ分からない点も多い。そんなときは、サイズ1GBから2GBくらいの余ったUSBメモリ(このサイズのわざわざ買うと割高になる)が手元にあるなら、これを活用すると便利だ。

今回は、Linux上で約2GBのUSBメモリにLinux Mint 18.1 CinnamonのISOインストールディスクイメージを書き込むという想定で、その方法をメモに残してみた。

デバイス名の確認をする

Windows上では、ブート可能なISOイメージをUSBメモリに書き込むためのGUIツールはたくさんあるが、Linux上では主に、端末から、ddコマンド(ddはdataset definitionの略)を利用して書き込みを行うことになる。GUIツールと違って、一文字でも違うと、大切なデータを消失してしまうという危険があるので、DDコマンドを打ち込む前には、デバイス名をしっかり確認しておくことが重要。

デバイス名の確認には、fdiskコマンドを利用できる。

$ sudo fdisk -l 

fdiskコマンドの実行結果は次のとおり。

今回は、サイズ1.9GBの/dev/sddがisoイメージを書き込みたいUSBメモリのデバイス名ということになる。/dev/sdd1といったパーティションは指定できない。

ddコマンドの実行

USBメモリのデバイス名がわかったので、isoイメージのある場所に移動して、以下のコマンドを打ち込む。if=以降に書き込みたいisoイメージ、of=以降に書き込み先のデバイス名を入力する。

$ sudo dd if=./linuxmint-18.1-cinnamon-64bit.iso of=/dev/sdd bs=1048576

なお、bs=1048576は、一度に読み書きするサイズを1048576バイト(約1MB)にせよという指示。デフォルトは512KB。