Unityシェルで存在価値を増したLinux Mint 11

古いVaioにインストールしていたLinux Mint Debian Edition(以下LMDE)の調子が相変わらすおかしい。次のような現象に悩まされている。

  • Filezillaなどで、大量のファイルをアップロードしているときなど、突然、画面が崩れる。例え完全に崩れなかったときでも、段々と色がおかしくなって、最後は再起動しなければならなくなる。
  • ログインするたびに日時を合わせなければならない。

Intelのサイトから915GM Express内臓のビデオチップのDebian用のドライバをダウンロードして、少し弄ってみようかとも思ったが、よく考えてみると、ログインするたびに日時がおかしくなるという現象は、ビデオドライバとは関係がなさそうだ。

ちなみに、最初にLMDEのインストールに成功したLaVie(こちらはUbuntuとの相性が今ひとつだった)では、何の問題も起きていない。負荷のかかる仕事を与えてもサクサク動いている。また、Windows7 Professionalを搭載したデスクトップ機にもLMDEの64bit版をインストールしてみたが、こちらも快適に動作していて、VAIOで起きているような問題が起こる気配は感じられない。

どうもこれはVAIOとLMDEの相性問題っぽい。そこで、このPCでLMDEを走らせることは一旦諦めて、最近リリースされたばかりのLinux Mint 11をインストールしてみた。

Linux Mint 11をインストール

UbunuベースのLinux Mintの場合、最後の数字が準拠するUbuntuのバージョンを表している。つまり、
Linux Mint 11はUbuntu11.04をベースにしたディストリビューションだ。

さっそく、Linux Mintのサイトから、32bit版のLinux Mint 11のDVDイメージをダウンロードしてブートDVDを作成。ちなみ、DVDドライブのない機種にはCDイメージも用意されている。DVDイメージとの違いは、マルチメディア系のアプリケーションなどが入っていないということになるが、これらのソフトウエアは、後からインターネットを通じて簡単にインストールできる。

インストール用DVD又はCDで、パソコンを立ち上げたら、デスクトップ上のInstall Linux Mintアイコンをダブルクリック。ここから先は、Ubuntu11.04のインストールとほぼ同じ。


Linux MInt 11とUbuntuのメモリ消費量比較

Ubuntu11.04ベースのLinux MInt 11だから、ある程度の重さは覚悟していたが、実際に使ってみると、意外に軽やかに動作する。そこで、システムモニタのみを立ち上げた状態で、Ubuntu11.04とのメモリ消費量を比較したら次のような結果となった。

  • Linux Mint 11:
    2GBメモリ中217.3MB(10.8%)使用
  • Ubuntu11.04:
    2GBメモリ中257.7MB(12.9%)使用

LinuxMint11SystemMoniter

メモリ消費量の違いは約2%で、サイズにすると約40MB。この差は、Ubuntu11.04から採用されたUnityシェルが使っているメモリだと考えてもよいだろう。大量のメモリを搭載した最新のPCなら誤差の範囲内かもしれないが、非力な古いPCでは、この差は体感速度に影響を与えそうだ。

ちなみに、Ubuntu11.04には、現バージョン限定ということで、従来のユーザーインターフェースのUbuntuクラシックも用意されているが、こちらで計測すると、メモリ消費量は、2GBメモリ中234.0MB(11.7%)ということで、両者のちょうど真ん中にピタリと収まっていた。

なお、LMDEについては、すでに削除した後だったので、同じPCでは比較できなかったが、LaVieにインストールしたLMDEで測ってみると、2GB中156.7MB使用という結果で、DebianベースのLMDEの優秀さが改めて証明された。

MacライクなUbuntuとWidowsライクなLinux Mint

もちろん、メモリ消費量だけでOSの優秀さが決まるわけではない。UnityシェルによってMacライクな操作性を実現したUbuntuにより、PCでの作業効率が上がれば、メモリ消費量が増えたことなど、あっという間に相殺されるだろう。

一方、従来からのGNOMEシェル上に構築されたWindowsライクなユーザーインターフェースを踏襲するLinux Mint 11は、UbuntuがUnityシェルを採用したことにより、その存在価値が相対的に大きくなったような気がする。少なくとも、Ubuntuがあるのに、どうしてUbuntuベースのLinux Mintが必要なのかと疑念を抱く人(実は昔の私なのだが)は、いなくなるに違いない。

そして、この多様性こそが、MacやWindowsの世界にはない、Linux独自の文化なのかもしれない。