Linux Mint 11上にWordPress3.2のお試し環境を構築

2017WordPress3.2もいよいよRC1になり、そろそろ試しておかなければならなくなりましたので、Linux Mint 11にローカルお試し環境を構築してみました。Ubuntu 11.04でローカル構築したのときの手順を参考にしてまとめ直しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LAMP環境の構築

ローカル環境でWordPressををはじめとするWebアプリを動かすために必要なツールは、Apache2、PHP5、MySQLの3つです。ここでローカル環境と呼んでいるのは、LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP)環境のことです。、端末から次のコマンドを順番に(一括でもよい)実効するとインストールできます。

sudo apt-get install apache2
sudo apt-get install php5 libapache2-mod-php5  php5-mysql 
sudo apt-get install mysql-server

mysql-serverのインストールの最後で、パスワードの設定が促されるので、任意の文字列を入力して、忘れないようにメモしておきます。

mysql-server_pwd

あと、必須ではありませんが、次のツールも必要になるケースが多いです。

sudo apt-get install php-pear php5-gd php5-cli
 

最後に、Apache2を再起動して完了。

sudo /etc/init.d/apache2 restart
 

phpMyAdminの設定

phpMyAdminについては、apt-getからではなく、phpMyAdminの公式ページから最新版をダウンロードします。ファイルを展開した後、/var/wwwにフォルダごとコピー(今回はフォルダ名はphpMyAdminに変更)します。

ブラウザからhttp://localhost/phpMyAdminにアクセスして、ユーザー名(root)と、パスワード(mysql-serverをインストールするときに設定したもの)を入力すれば、ログインできます。

ログインしたばかりの状態だと、画面最下部にいくつかの警告メッセージが出ます。例えば次のようなもの。

phpMyAdmin の設定保存場所が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています。

設定ファイルが秘密のパスフレーズ (blowfish_secret) を必要とするようになりました。

これらのメッセージは次のような手順で設定すれば順次消えて行きます。

先ずは、/var/www/phpMyAdmin/script/create_tables.sqlを実効してテーブルを作ります。
phpMyAdminのSQLタブを選択した後、このcreate_tables.sqlファイルの内容をコピペして実効ボタンをクリックします。

次に/var/www/phpMyAdmin内にあるconfig.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにリネーム(又は名前を変えてコピー)した後、使い慣れたエディタで、config.inc.phpを開き、42行目から57行目あたりのコメントアウトを解除(行頭の//を削除する)。

$cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma_bookmark';
$cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma_relation';
$cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma_table_info';
$cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma_table_coords';
$cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma_pdf_pages';
$cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma_column_info';
$cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma_history';
$cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma_tracking';
$cfg['Servers'][$i]['designer_coords'] = 'pma_designer_coords';
$cfg['Servers'][$i]['userconfig'] = 'pma_userconfig';

17行目前後に、blow_fishのパスフレーズを設定する箇所があるので、次のように設定します。

/* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
$cfg['blowfish_secret'] = 'pmapass'; 

端末からmysqlにログイン。

$ mysql -u ユーザ名 -p
Enter password: ********

プロンプトがmysql>となったら、以下のコマンドを打ち込み(実際はコピペするだけ)ます。

GRANT USAGE ON mysql.* TO 'pma'@'localhost' IDENTIFIED BY 'pmapass';
GRANT SELECT (
Host, User, Select_priv, Insert_priv, Update_priv, Delete_priv, 
Create_priv, Drop_priv, Reload_priv, Shutdown_priv, Process_priv, 
File_priv, Grant_priv, References_priv, Index_priv, Alter_priv, 
Show_db_priv, Super_priv, Create_tmp_table_priv, Lock_tables_priv, 
Execute_priv, Repl_slave_priv, Repl_client_priv
)ON mysql.user TO 'pma'@'localhost';
GRANT SELECT ON mysql.db TO 'pma'@'localhost';
GRANT SELECT ON mysql.host TO 'pma'@'localhost';
GRANT SELECT (Host, Db, User, Table_name, Table_priv, Column_priv)
ON mysql.tables_priv TO 'pma'@'localhost';

以上で、phpMyAdminの設定は終了です。

phpMyAdminのバージョンが3.4.1から3.4.2になり、拡張機能に関するバグが綺麗にフィックスされています。以前、Ubuntu上で同じ設定をしたときは、バージョンが3.4.1だったので、何度設定を見直しても、「拡張機能が無効になっている」というメッセージが消えませんでしたが、3.4.2では、上記の設定でメッセージは綺麗に消えました。

最後に、phpMyAdminでデータベースを新規作成して、/var/www内にWordPress3.2RC1をインストールすればWordPressのお試し環境が完成です。

【追 記】20171111

FTPのセットアップ

アップデートの際にFTPアカウントを問われるので、FTPサーバーをセットアップ。ProFTPの場合は、インストールするだけです。

sudo apt-get install proftpd
 

mod_rewriteを有効にする

パーマリンク設定などでApacheのmod_rewriteを有効にする必要があります。

sudo a2enmod rewrite
 

次に、好みのエディタで、/etc/apache2/sites-enabled/000-defaultを開いて次の箇所を変更。3行目の最後をdenyからAllに変更します。

	<Directory /var/www/>
		Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
		AllowOverride All
		Order allow,deny
		allow from all
	</Directory>

最後にApache2を再起動して完了です。

sudo /etc/init.d/apache2 restart
 

mcryptのインストール

phpMyAdminにアクセスしたとき、画面最下に「mcypt拡張がありません。PHPの設定をチェックしてみてください。」というメッセージが出ていたら、次の要領で、php5-mcryptをインストールします。設定は特に必要ありません。

sudo apt-get install php5-mcrypt
 

 

タイトルとURLをコピーしました