XfceやLXDEより軽いLinux Mint Debian Edition

以前書いた記事のなかで、Linux MInt 11とUbuntu11.04のメモリ消費量比較を行っているが、そのときの数値は、2GBメモリ中257.7MB(12.9%)だった。 では、Ubuntu11.10にアップグレード後はどうなっているのかということで、改めて計測してみたら、2GBメモリ中426.0MB(21.2%)という数字になった。UbuntuのUnityシェルがどんどんユーザーフレンドリーになって行く半面、メモリー消費量もどんどん増えていくという、ある意味当然の結果となった。 SystemMonitor_Ubuntu

Update Pack 3を施したLinux Mint Debian Editionの場合

前述の記事中にはLinux Mint Debian Edition(略称LMDE)についての数字も残っていた。同量のメモリーを搭載した別PCでの計測ではあったが、2GB中156.7MB使用という数字が残っている。 そこで、Update Pack 3を施した後の最新のLinux Mint Debian Editionについて、システムモニターで調べてみたら、次のような結果が出た。 SystemMonitor_LMDE 前回の計測が違うPCで行われたことや、Pack3へのアップデートの際、日本語入力メソッドをiBusからuimに変更したことなどが多少影響しているかもしれないが、それでも2GB中133.2MB(6.6%)というのは驚くべき数字に違いない。 今回、同じ条件下で計測したUbuntuと比較して、メモリー消費量が3分の1以下に抑えられているということになるのだ。

Xfce4とLXDEのメモリー消費量比較

さらに、参考までに、Update11.10で、軽量デスクトップのXfceやLXDEを使用したときのメモリ消費量についても、調べてみた。 UbuntuソフトウエアセンターでXfce4、LXDEと検索して、インストールを完了させたら、ログアウトして、Xfceセッション又はLXDEを選択してログインしなおせばデスクトップ環境が切り替わる。 両者のメモリ消費量は以下のとおり。 Desktop_Xfce4

  • Xfce4 on Ubuntu11.10:
    2GBメモリ中348.2MB(17.4%)使用

Desktop_LXDE

  • LXDE on Ubuntu11.10:
    2GBメモリ中269.0MB(13.4%)使用

両者ともUbuntu標準のGNOME+Unityシェルの組み合わせよりもメモリ消費量は減ってはいるが、Xfce4で3%、LXDEで7%の減少だから、想像していたほどではない。 しかし一方で、GNOME版のLinux Mint Debian Editionと比較した場合、Xfce4が2.5倍強、LXDEで約2倍のメモリを消費していることになり、ここでもLinux Mint Debian Editionの軽やかさが際立っていることがわかる。

エレガントな操作性とPCリソースの消費量抑制

もちろん、体感速度がメモリ消費量だけで決まるというわけではないし、大量のRAMを搭載したPCの場合は、これらの数字はほとんど誤差の範囲になる。 個人的にも、仕事やプライベートで使うPCのほとんどにUbuntuとLinux Mint Debian Editionの両方をインストールして、使い分けているが、両者に極端な体感速度の差を感じることは少ない。

ただし、今回テストしたような引退寸前のレガシーPCとなると話は別で、Linux Mint Debian Editionの動作の軽やかさは特筆ものだ。その差は誰にでも体感できるだろう。 Ubuntuの場合、PCのリソースの消費量を増大させてでも、ユーザビリティを向上させたいという傾向があるように見える。これは、デスクトップOSとしての地位を固めるための戦略だろう。その意味からいうと、Ubuntuの場合、最新OS(今ならWindows7)が走るPCで、ストレスなく動作することを念頭に置いているのかもしれない。

これに対して、Linux Mint Debian Editionのベースは、レガシーPCを含め、できるだけ多くのハードウエアをサポートしようとするDebianのテスト版であるということもあり、リソースの消費量を極力抑えてレスポンスの向上を優先させているように見える。 もちろん、これはあくまでもポリシーの問題であって、どちらが正しいとはいえないが、少なくともLinux Mint Debian Editionは、リソース消費量の抑制とエレガントな操作性というユーザビリティの両立に成功していると思う。さらなるメモリ消費量の抑制を望む方には、Xfce版のLinux Mint Debian Editionも用意されているので、試してほしい。

  • アンアン

    同一ハードでLinux Mint debian とMint 12 とLXDE(ubuntu)とxfce4(ubuntu)の起動速度比較もしてほしいです。

    • ユービック

      コメントありがとうございます。確かに起動速度も大切ですね。次回(何時とはお約束できませんが…)挑戦してみます。

      なお、Linux Mint 12については、同一PCメモリ消費量を計測した記事もあります。

  • 動作が重いか軽いかを計測するのにCPU消費量の項目も必要じゃないでしょうか。

    5年以上前のPCを再利用となるとメモリ使用量も少ない方がいいのですが、
    CPU消費量も少ない方がいい。

    LXLEやLubunutu等の軽量ディスクトップ環境で低いメモリ消費量を実現したとしても、GUIのプログラムを立ち上げるたびに、CPU100%振り切るとやっぱり辛い。

    • ubiqlog

      確かにご指摘のとおりですが、CPU消費量は、GUIアプリが消費する量が圧倒的で、OS間の違いは誤差の範囲になってしまうようです。

      なお、Ubuntu12.04からPAE非対応のCPUはサポートされなくなり、LMDE(Linux Mint Debian Edition)でも、デスクトップ環境にCinnamonやMATEを利用するにはPAE対応のCPUが必要になっているので、この記事を書いた当時とは、状況が随分と変わってしまいました。

      このとき使用したVAIOノートも、現在は、Xfce版のLMDEに切り替えて、何とか予備機として動いています。そろそろ次は、デスクトップ環境を諦めて、ウィンドウマネージャ使わないといけないかもしれませんが、それでも、ハードが破損するまで、現役で働ける方法考えてみたいと思っています。