Ubuntu12.10へのアップグレードとバグフィックス

Ubuntu12.10が正式にリリースされて、1ヶ月半が経ったので、バージョン12.04から12.10へアップグレードしてみた。今回は、CD(12.10からはDVD)からのクリーンインストールではなく、アップデートマネージャーによるアップグレードを試みてみた。

先ずは、データや設定ファイルなどは事前に必ずバックアップを取っておく。アップグレード後に不具合が起きて、データが取り出せなくなることもある。

なお、インターネット環境に接続されていることは必須だが、安全のため(あくまでも経験上から)、無線LANではなく有線を使った方がよい。

アップデートマネージャーによるアップグレード

以上の準備ができたら、Ubuntu12.04のドック最上段のDashホームをクリック又はウィンドウキーをタップ(長押しするとキーボードショートカットが表示される)。アップデートマネージャーで検索して下記のようなアイコンが表示されたら、これをクリック。

Ubuntu1210Upgrade01

アップデートマネージャーが起動するので、左下隅の設定ボタンをクリックする。

Ubuntu1210Upgrade03

アップデートタブを選択して、最下段の「Ubuntuの新バージョンの通知」のドロップダウンメニューから「すべての新バージョン」を選択する。

閉じるボタンをクリックすると、スーパーユーザーのパスワードを求められる。パスワードを入力して、「認証する」ボタンをクリックすると、アップデートマネージャーの初期画面に戻るので、ここで再チェックボタンをクリックする。

Ubuntu1210Upgrade06

画面上段に「アップグレード」ボタンが現れたら、これをクリック。リリースノートが表示されるので、これにさっと目を通して「アップグレード」ボタンをクリックする。

サードパーティのリポジトリを使わない設定にしたという旨の警告が出るので、閉じるボタンをクリック(これ以外の選択はない)して次に進む。

Ubuntu1210Upgrade09

最終確認ダイアローグにある「詳細」の頭にある三角印又はプラスマークをクリックすると、削除されるアプリケーションやライブラリを確認できる。私の環境では、Linux Mintのデスクトップ環境Cinnamon関係が削除リストに入っていた。これらは、アップグレード完了後に、再インストールすることになる。

問題がなければ、「アップグレードを開始」ボタンをクリックして、あとはコーヒーでも飲みながら(もちろんビールでもよい)完了を待つだけだ。作業途中に、いくつか質問パネルが表示されるので、よく考えて(質問の意味が分からないときはデフォルトのまま)選択し、先に進む。

アップグレード後のエラー処理

アップグレードが完了したら、PCを再起動する。デュアルブートマシンなので、Grubのバージョンが1.99-21ubuntu3.4から2.00-7ubuntu11に上がっているのが分かる。

矢印キーでUbuntuを選択して、しばらく待っていたら、/mnt/winのマウントに失敗したという旨のエラーメッセージが表示された。私の環境では、fstabによって、Windows8をインストールしているドライブを起動時に/mnt/winでマウントするよう設定している。

その場で修正することもできるようだが、取り敢えずキーボードのSボタンを押して、ログインした。

ログイン後、ターミナルからmountコマンドを実行したところ、エラーが発生。最後にサジェスチョンが表示されたので、これに従って、次のコマンドを実行したところ、無事にマウントできた。

$ sudo mount -t ntfs-3g -o remove_hiberfile /dev/sda1 /mnt/win

上記のコマンドを参考にして、/etc/fstabの該当個所を下記のとおり書き換えた。

UUID=123HO456HE789012  /mnt/win  ntfs-3g  remove_hiberfile  0 0

また、ログイン直後に、「evolution-calendar-factoryが予期せぬエラーを起こした」という旨のメッセージも表示されていたが、再起動後はエラーメッセージが表示されることはなくなった。

これまでアップデートマネージャーからのアップグレードというと、アップグレード完了後にエラーが多発して、原因不明のクラッシュなどに見舞われたことも多く、結局いつも、CDからクリーンインストールするという結果に終わっていた。ところが、今回は上記のふたつのエラーのみで、これらの問題が修正された後は、すこぶる安定して動作している。

Ubuntu12.10で修正された致命的バグ

Ubuntu12.04はLTS(Long Term Support)なので、5年間のサポートが約束されている。細かなバグフィックスも行われるので、特に問題がなければ、アップグレードを見送るという選択もあったが、私のPC上で走っているUbuntu12.04には、同じ階層にフォルダをコピー、ペーストすると、ファイラーがクラッシュするという致命的なバグがあった。

32bit版や英語版ではテストしていないので、すべての環境でこのエラーが起こるとは言い切れないが、64bit版に日本語環境を構築した環境では、複数台のPCでテストしたところ、同じエラーが起きていた。

この問題は、Launchpadでバグ報告もしてたが、結局12.04では修正されず、今回の12.10で修正が施されていた。このエラーに悩まされていた人には朗報だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク