Linux Mint 15 KDEというプチ贅沢な選択肢

先月、Linux Mint 15 “Olivia” KDEがリリースされた。
Linux Mint 15 “Olivia”シリーズは、Ubuntu 13.04をベース(Debian TestingベースにしたLMDEもある)にしたディストリビューションで、CinammonやMATEという独自のデスクトップ環境の他に、 XfceやLXDE、そして今回レポートするKDEなど、デスクトップ環境別にリリースされることになっている。

Linux Mint KDEのインストール

ということで、先ずは、Linux Mintの公式サイトからDVDイメージをダウンロードして、インストールDVDを作成。
作成したDVDでPCを立ち上げ、デスクトップ上にあるInstall Linux Mintアイコンをダブルクリックする。

最初は言語の選択。Englishを日本語に変更する。



「続ける」ボタンをクリックすると、インストール準備画面に移動する。3つの項目にチェックマークがついていることを確認して次に進む。

インストール先の選択。手動ラジオボタンを選ぶと、細かく設定ができる。

続いて、タイムゾーン。

キーボードの設定。

最後にユーザー情報を入力して、”続ける”ボタンをクリックする。

「Linux Mintにようこそ」という画面が表示された後は、気長にインストールが完了するのを待つ。

日本語環境の構築

インストールが完了したら、日本語環境を構築するため、Linux Mint Japanのデポジトリから追加パッケージをインストールする。

$ wget -q http://linuxmint-jp.net/linuxmint-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget http://linuxmint-jp.net/sources.list.d/linuxmint-ja.list -O /etc/apt/sources.list.d/linuxmint-ja.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install mint-kde-ja

Gimpの日本語化とiBusの問題

日本語環境を構築が終わって、しばらく使っていると、Gimpが日本語化されていないことに気づく。EditメニューからPreferences中のInterfaceを選択を見てみると、Languageの欄がSystem Languageになっている。

GimpPreferences

この設定自体には、問題がないので、やはりこれは、Linux Mint KDE側に問題がある模様。いろいろと調べてみたが解決しないので、取り敢えず、いったんGimpを削除して、Gimpの公式リポジトリから多言語版を再インストールする。

$ sudo apt-get remove gimp
$ sudo apt-add-repository ppa:otto-kesselgulasch/gimp
$ sudo apt-get install gimp

ヘルプ→「このアプリケーションについて」をクリックすると、Gimpのバージョンが2.8.4から2.8.6にアップグレードされる。

また、タスクバー上にiBusアイコンを表示できないという問題もあったが、こちらは端末から、ibus-setupと打ち込めば、何とかなる。

リッチなUIと壮大なビジョン

日本語環境については、多少、荒削りなところはあるものの、基本機能には致命的な問題もなく、快適に動作している。Linux MintのKDEバージョンは4.10で、消費メモリは、Ubuntu 13.04のUnityシェルよりわずかに少なめだった。まあ、これについては、KDEがシェイプアップしたというより、Unityシェルが重たくなったというのが正解だろう。

もちろん、リッチなデスクトップ環境でコンピューター資源を消費するのはもったいないという考え方もあるだろうが、機能的で美しいUIは仕事の能率をアップさせ、斬新なアイデアを生み出すきっかけとなることもある。また、クロスプラットフォーム(バージョン4.0以降のKDEはWindowsやMac OS Xでも動作する)という壮大なビジョンは、そのリッチなUI以上に贅沢な気分を味わえるかもしれない。

なお、Ubuntuベースのディストリビューションで、デスクトップ環境がKDEといえば、Kubuntuがあるが、私のノートPCとは、何故か相性が悪いようで、インストール完了後に、無線LANが使えなくなるという問題が生じる。

何度か再インストールしてみたが、問題は解決しなかった。ところが、Kubuntuベースの筈のLinux Mint KDEではこの問題は起こらなかった。Kubuntuで同じような問題に悩まされている人は、一度Linux Mint KDEを試してみることをお勧めしたい。

【追 記】
Linux Mint開発チームから、Linux Mint 18.3 KDEを最後に、KDE版の開発から手を引くという発表がありました。本ブログにも、「Linux Mint 18.3 KDEへの最後のアップグレード 」という記事があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク