JavaScript

webpackerを使ってRuby on Rails 6.0とVue.jsを連携する方法(フロントエンド編)

フロントエンドにVue.jsを使う場合、バックエンドに使うMVC型Webフレームワークは、何がよいのか、いろいろと試してみたところ、Ruby on Rails 6.0から正式に採用されたwebpacker(Railsによるwebpackと...
Linux

Debian 10ベースのMX Linux 19のインストールと日本語環境の構築

Debian 10ベースのMX Linux 19が現地時間の10月22日に正式リリースされました。 デスクトップ環境のXfceはバージョン4.14となり、カーネルも4.19にアップグレードされたようです。手元に現役引退したPCがあっ...
JavaScript

Linux上にyarnとnodenvで作るVue.jsの開発環境

Vue.jsは、ReactやAngularと同じく、オープンソースのJavaScriptフレームワークの一つ。ReactやAngularが、フルスタックフレームワーク志向なのに対し、Vue.jsは、主に、MVC(Model View Co...
Java

sbtによるPlya Flamework 2.7.3のセットアップとSDKMANで作るJAVA開発環境

Paly Flameworkのセットアップは、バージョン2.3.xから2.4.xまでTypesafe社(2016年にLightbendへ社名変更)のActivatorによって行うことが推奨されていましたが、このツールは、2017年5月に姿...
Linux

CentOS 8をインストールしたら最初にすべきこと

CentOS 8のインストールが完了した後、最初にすべき設定(自分のPCからアクセスできるようになるまでの設定)をまとめてみました。 ということで、CentOS 8のインストールが完了し、再起動したところから、話を進めます。 ...
Linux

カゴヤのVPSにCentOS 8をインストールしてみた

2019年9月24日、RHEL(Red Hat Enterprise Linux)のクローンCentOS 8が正式リリースされました。 先ずは、CentOSの公式サイトからCentOS 8のISOイメージをダウンロードし、これをカゴ...
Linux

CLIのFTPクライアントLFTPでFilezillaの便利な機能を実現する方法

Windows、Mac、Linux上で稼働するFTPクライアントといえば、Filezillaを真っ先に思い浮かべる人は多いと思います。もう、マルチOS環境で使えるFTPクライアントといえば、Filezilla一択かもしれません。 た...
Linux

CentOS 7をインストールしたら最初にすべきこと

カゴヤのVPS(カゴヤ・クラウド/VPS)にCentOS 7をセットアップする必要があって、作業していたとき、 「あれ、このブログに、CentOS 7の初期設定に関する投稿がない。」 ということに気づきました。 CentOS 7のイ...
Linux

MX Linuxに軽量ドックランチャーPlankをインストールしてみた

MX Linuxは、軽量LinuxディストロantiXのコミュニティに元MEPHISコミュニティのメンバーが合流して誕生した、今最も注目されているLinuxディストロのひとつです。 最近では、DistroWatch.comの...
Linux

KDE neonに Flatpak版のFilezillaをインストールしてみた

FTPクライアントの定番アプリといえば、Filezillaです。これをUbuntuベースのKDE neonにインストールする場合、KDE専用のパッケージマネジャーDiscoverの利用又はaptコマンドを使います。 sudo apt...
タイトルとURLをコピーしました