完成度を上げたLinux Mint Debian Edition 201204

4月5日にUpdate Pack 4が発表されて以来、何度もアップデートを試みたが、サーバーにアクセスが集中しているようで、ダウンロードの時間が以上に長く、途中で何度かタイムアウトする。

これはある意味、最近のLinux Mintの人気を裏付けているようにも思えるが、クリーンインストールで問題ない人は、iosイメージをダウンロードしてインストールした方がよいかもしれない。

MATEがデフォルトになったLinux Mint Debian Edition

さっそく、Linux Mint本家から自分の環境に適合するisoイメージをダウンロードして、DVDに焼き付け、いつものレガシーVAIOノートにインストールしてみた。

今回のリリースの目玉は、デスクトップ環境がMATEとCinnamon版(Xfce版は従来どおり)になったという点だ。デフォルトデスクトップは、MATEとなっている。

ログイン時に「その他」を選択してCinnamonを選べば次のとおり。

MATEもCinnamonも、先にリリースされたLinux Mint 12上で試しているので、大きなインパクトはないものの、その完成度の高さに改めて感心してしまう。

ちなみに、日本語インプットメソッドのiBusのマーク表示にあった小さなバクもLinux Mint Debian Editionではフィックスされている。

もはやLinux Mint 12と区別がつかないレベル

Linux Mint Debian EditionにiBus-anthyをインストールした直後、システム・モニターで確認した結果は次のとおり。

LinuxMintDebianSystemMonitorResult01

同じ条件で、Linux Mint 12で計測した結界は次のとおり。

LinuxMint12SystemMonitorResult01

体感速度上では、思ったほどの差はなかったが、それでも数字上では、Linux Mint Debian EditionはLinux Mint 12の約3分の2のメモリ消費量で動作していることになる。

さらに、MATEやCinnamonが採用されたおかげで、Linux Mint Debian Editionのデスクトップは格段に美しくなっている。一見しただけでは、Linux Mint 12との差はほとんど感じられないレベルに達している。

デスクトップの美しさと動作の軽快さの両立という点で、Linux Mint Debian Editionは、Linux Mintファミリーの最高峰に近づいていると勝手に断言しているのだが、どうだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク